二葉興産株式会社トップ 塗料・塗装の設備や工事などトータル・コーティングの二葉興産株式会社 エコアクション21 EQA国際認証センター お問い合わせはこちら 03-3451-3801
ホーム 会社案内 事業内容 お知らせ 環境活動概要 品質保証活動概要 採用 お問い合わせ
お知らせ
ホーム お知らせ
カテゴリー
事業内容
会社案内
お知らせ
2012年
2011年
環境活動概要
品質保証活動概要
採用
お問い合わせ
カテゴリー
放射性汚染物質を除去できます!(スリーマイル島原発事故で採用実績あり)
2011-12-21 12:00

Alara 1146 Cavity Decon(放射性物質除去塗料《塗る粘着テープ》)
(ジャパンカーボライン株式会社製品)

1.Alara 1146 Cavity Deconの用途
原子力発電所、米軍原子力空母・潜水艦、原子力研究所、放射線を扱う病院など。
放射能汚染された避難地域の保育園、幼稚園、学校、病院、役所、駅舎、オフィス等の集合設備他。

2.Alara 1146 Cavity Deconの特徴
原子炉内の除染用に開発された、低公害水系樹脂料です。
塗装はスプレーまたはハケ、ローラーで行い、塗膜は1~2日で硬化します。
塗装後塗膜を剥がすことにより、塗膜裏面に付着した放射性汚染物質の除染が出来ます。
実施例では放射性汚染物質の約90%が除去できるとされています。(塗装表面により異なります)
剥がした塗膜は小さく折りたため、放射能汚染廃棄物としての処理が容易です。
除染作業は塗装し、剥離するだけなので、拭き取り作業と比べ、作業者の被爆は軽微で済みます。

Alaraの原理 Alara塗膜剥離作業 

3.荷姿
5ガロン缶(約20L : 30~40㎡分)

20111215_3.jpg  

(出所:ジャパンカーボライン株式会社の資料を基に作成)




| 最新の記事 | 2012年 | 2011年 |

塗料・塗装設備のトータルコーディング 二葉興産株式会社

トップページ |  会社案内 |  事業内容 |  お知らせ |  環境活動概要 |  品質保証活動概要 |  採用 |  サイトマップ |  お問い合わせ